2010年6月29日 南アフリカW杯本大会 VS パラグアイ

大会前はおそらくほとんどの人が、特にサッカーを知っている人は予想だにしなかった、 夢の決勝トーナメント進出。夢の16強。 2位通過としては恵まれた相手で、この機会を逃せば、 いつその機会がおとずれるかわからないほど、ベスト8への絶好の機会である。 ここまでくると、もう一つひとつのプレー云々をいうことはない。 とにかく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年6月24日 南アフリカW杯本大会 VS デンマーク

いよいよ、決勝トーナメントをかけた大一番だ。 泣いても笑ってもこの試合で全てが決まる。 大会前は明らかに格上の相手だが、大会中試合ごとにチームとして機能してきた日本は、番狂わせを演じる期待もある。 前半最初の10分くらいは守りで数的優位を作れず、ロングボールのこぼれ球を拾われ不安定な状態。 しかし阿部をアンカーにポジショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年6月19日 南アフリカW杯本大会 VS オランダ

日本の2戦目は一番の強敵オランダ。 日本のメンバーは初戦と同じ。 前半は両チームとも、特にオランダが慎重な立ち上がり。 どちらも初戦で勝ち点3を得ているため、最低勝ち点を1積み上げれば、という気持ちがあるのか。 オランダはボールを回すものの横へのパスが多く、ポゼッションの割に日本のピンチはほとんどないまま前半は終了。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年6月14日 南アフリカW杯本大会 VS カメルーン

日本のグループEはオランダ、カメルーン、デンマークと強豪がそろってしまった厳しいグループ。 その中で比較的チーム力の落ちるカメルーンが初戦で、ここでもし敗れたら事実上、トーナメント進出は絶たれる超重要な一戦である。 日本はアジア予選後、システムやレギュラーメンバーを模索しながら本番を迎え、どこまでその戦術や連携が浸透している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラクエ9 素材の場所

あやかし草  → ヤハーン湿地 かがみの石  → ヤハーン湿地 こおりの結晶 → エルマニオン海岸、雪原 つけもの石 → ジャーホジ地方 ひかりの石  → グビアナ砂漠 ゆめみの花  → エルマニオン雪原(学院の北西部)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後3ヶ月の診察

手術した3ヶ月が経過した。 自分では右目が左に比べると少し弱い(見にくい)かと思われる程度。 しかし日常生活にも仕事にも特に不自由などはない。 視力結果は・・・ 右:0.9、左:1.5 だった。 右は乱視が残っているためとの説明。 再矯正するほどではないので様子を見ましょう、とのこと。 実際今のところ特に何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選 6月17日 VSオーストラリア(A)

いよいよアジア最終予選の最終戦。 1位突破のためには勝つしかない試合となった。 アジアでは最も強い国の中の一つであることは間違いなく、ましてアウェーで勝つのはそうとう厳しい。 しかしすでにW杯出場を決めている両国であり、双方ともベストメンバーではない。 これからのチーム作りもにらんでの対戦となった。 前半40分 憲剛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選 6月10日 VSカタール(H)

前のウズベキスタン戦でW杯本戦出場を決めたため、モチベーションの維持やゲームプランが難しい試合となった。しかしホーム最終戦ということで、勝って欲しいところである。 結果は1-1の引き分けとなり、試合内容も合わせて不完全燃焼となった。 前半2分 カウンターから俊輔が右サイドへパス。それを受けた内田からのクロスを岡崎があわせに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選 6月6日 VSウズベキスタン(A)

いよいよアジア最終予選も終盤。 今日勝てば本大会出場が決定する試合となった。 ホームでは引き分けに終わっている相手だけに簡単には勝てないことは十分わかっている。 でもなんとか今日決めて欲しい。 スタメンは、中盤は最近の親善試合などで試してきた、中村憲剛を前方に置いた布陣で、 右SBは体調不良の内田の代わりに駒野を起用した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術直後~翌日

手術後は結構痛くて、目にゴミが入っているような感じで目を開けるのもつらかった。 涙がぽろぽろ流れて止まらなかったので、電車で近くにいた人は不思議に思っただろう。 コンビニで弁当を買って、やっとの思いでホテルに着いた。 病院からもらった目薬をさしていくらか楽になったところで弁当を食べて、 もう目を開けていられないので寝ることに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いよいよ手術!

手術当日は2回目の視力検査などを受けるため、早めに受診した。 検査係の女性により検査を受けたが、右目がいま一つはっきり見えなかった。 先生から前回より右の矯正視力が出にくいと言われ、もう一度測定するように言われた。 乱視が前回より強いようだとのことで、もう一度測定された。 その後、術後の目薬のさし方や術後の生活の注意点な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術まで

手術までにはいろいろ検査があった。 視力検査はもちろん、屈折検査、角膜カーブ検査、眼圧検査、眼底検査、角膜形状検査、 涙液検査、角膜内皮細胞検査、角膜厚などを行った。 所要時間は約1時間。 また、屈折検査や視力検査は術前に最低2回はやらなくてはいけないと言われた。 病院までちょっと(かなり)自宅から遠く、そうおいそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーシック手術を受けようと思ったわけ

今回レーシック手術を受けようと思ったのは、 ①子供に眼鏡をいじられて危ない、 ②たまにサッカーをするときのコンタクト脱着がわずらわしい、 ③飲み会での眼鏡損壊や紛失の心配(どんだけ激しい飲み会?)、 そして何より、子供と遊ぶことをはじめとして眼鏡がないと生活できないので、 眼鏡がない生活を楽しんでみたいと思ったから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーシック(LASIK)について

今回視力矯正手術であるレーシック(LASIK)手術を受けるにあたって、 いろいろ調べたことや実際の手術について書くことにした。 ちなみに、レーシックによって私の場合は 右:0.06→1.0、左:0.02→1.2 (手術直後) まで回復した。 レーシック(LASIK)とは角膜屈折の矯正手術であり、目の表面の角膜(角膜上皮)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選 3月28日 VSバーレーン(H)

いよいよW杯予選も後半へ突入。泣いても笑っても残り4試合となった。 ここ最近は3次予選を含めて3度対戦し日本の2勝1敗、すべて1点差と苦しい試合が予想される難敵。 前回は3-0から2点を失い、3-2でからくも逃げ切った相手である。 立ち上がりから「絶対にカウンターを許さない」という日本の気持ちが伝わる試合展開。 しっかりボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選 2月11日 VSオーストラリア(H)

これが最終予選前半最後の試合。これで一回りすることとなる。 ここまで2勝1けの勝ち点7で3戦全勝のオーストラリアに勝ち点差2で2位につける日本。 ホームでもあり、最悪引き分けたい試合。 試合を通して押し気味に展開したが、これまで何度も指摘されてきたように、 最後の決定力に欠け、結局スコアレスドローに終わった。 内田は2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選 11月19日 VSカタール(A)

2戦目の前回はホームで引き分け、消化不良というかもどかしさが強かった。 今回はアウェーだが、内容よりもとにかく勝ち点3が欲しい。 前半は日本がボール支配率も高く、アウェーの割にはやはり勝ち点3が欲しいのか、積極的な攻撃姿勢が伺える。 前半19分:内田からのクロスがうまい具合にディフェンダーとGKの間に跳ね、田中達也らしい小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選(10月15日 VSウズベキスタン(H))

初戦をなんとか勝利した最終予選。 いよいよホームの初戦である。 先制されたが前半のうちに追いついた。 後半も押し気味に試合進めるも、ドローとなった。 実はリアルタイムで観れなかったので、今回は評価だけにしておく。 <採点> 楢崎:5.5 攻め込まれる時間が少なかったが集中力を保って対応した。 闘利王:5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯 アジア最終予選(9月6日 VSバーレーン(A))

いよいよ最終予選が始まった。 W杯へ行けなかった時は勿論、初めて出場を決めたフランス大会、そして前回のドイツ大会と、 今思い出しても1戦1戦がシビレる試合の連続だった。 途中何度も諦めかけたり、励ましたりしながら応援したものだ。 今回も1戦1戦、かみさんが出してくれるビールも枝豆もノドを通らない最終予選になることは間違いない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の引越し(!?)

いよいよ家も完成し、引っ越した。 引越し当日どうしても仕事で離れられず、つれあいにすべて任せることになってしまい、 彼女は相当大変だったと思う。 いつもいつも本当にありがとう。 これまで10回は引越ししただろうか。 「趣味が引越し」という人もいるようだが、そういうのを除くとかなり多い方だろう。 仕事の関係で引越しして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more